当院について

平成27年度総合守谷第一病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 549 113 155 362 220 233 629 796 643 179
定義:
平成27年4月~平成28年3月までに当院に入院された患者さんの数を、10歳刻みの年齢階級別に示しております。
90歳以上はすべて90代にまとめています。

解説:
一般的に有病率の高い70代、80代、60代の患者さんが多いです。ただし当院の特徴として、30代、0代が比較的に多く、これは、産婦人科でのお産と小児科の患者さんの影響と思われます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 194 16.10 14.34 6.19 73.32
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 127 3.31 3.07 0.00 68.17
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 64 5.08 4.87 0.00 70.45
当院の内科では循環器内科、消化器内科、呼吸器内科の疾患を中心に診療しております。診断群分類での患者数上位3位では、成人の肺炎で特に手術等を行わない入院が最も多くなっていました。
次いで2位が狭心症ので、経皮的冠動脈形成術を行わない心臓カテーテル検査目的のみでの入院です。
3位は同じく狭心症の患者さんですが、こちらは経皮的冠動脈形成術を行った症例です。        
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 144 4.69 5.72 0.69 2.27
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術・処置等2なし 副傷病なし 127 3.31 6.17 3.08 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 5.60 6.31 0.00 4.48
当院の小児科の診断群分類での患者数上位3位では、小児の肺炎で特に手術等を行わない入院が最も多くなっていました。
次いで2位が妊娠期間短縮、低出生体重に関する障害ですが、当院は産科病棟がございますので、黄疸などの新生児疾患の件数も多くなっています。
3位は小児喘息の患者さんで特別な処置を必要としない症例が多く入院されていました。          
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 20 8.15 9.17 0.00 73.00
060150xx02xx0x 虫垂炎 副傷病なし 20 11.45 9.48 5.00 45.95
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 手術・処置等2なし 18 25.94 20.63 0.00 72.44
当院の外科は消化器分野中心に診療を行っております。診断群分類での患者数上位3位では、ヘルニア(腸閉塞)の手術を行わない症例が最も多くなっていました。
次いで2位が虫垂炎で手術を行った症例が多くなっています。
3位は胃癌の患者さんで胃の全摘術を行った症例が多く入院されていました。    
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 62 30.42 28.7 33.87 81.56
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 22 27.23 21.52 9.09 80.23
070341xx97xxxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 19 20.26 22.83 0.00 66.63
当院の整形外科の診断群分類での患者数上位3位では、大腿骨頸部骨折に対し手術を行った症例が最も多くなっていました。
次いで2位が胸椎や腰椎の骨折で保存的治療を行った症例が多くなっています。
3位は頸部脊柱管狭窄症で手術を行った症例が多く入院されていました。        
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 61 15.89 18.08 19.67 70.57
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 22.67 19.32 58.33 64.58
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 12.24 10.02 14.29 75.43
当院の脳神経外科の診断群分類での患者数上位3位では、脳梗塞に対し脳保護剤(フリーラジカルスカベンジャー)を使用し治療を行った症例が最も多くなっていました。
次いで2位が脳内出血で保存的治療を行った症例が多くなっています。
3位は外傷性の硬膜下血腫で穿頭ドレナージ手術を行った症例が多く入院されていました。  
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 84 8.00 9.94 0.00 33.23
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術・処置等2なし 65 32.55 20.87 15.38 29.72
120140xxxxxxxx 流産 61 1.05 2.34 0.00 33.03
当院の産婦人科の診断群分類での患者数上位3位では、胎児及び胎児附属物の異常が最も多くなっていますが、これは骨盤位や、児頭骨盤不均衡などで帝王切開手術を行った症例です。
次いで2位が切迫早産で安静と治療が必要になった症例が多くなっています。
3位は稽留流産にて手術を行った症例が多く入院されていました。    
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術・処置等2なし 3.54
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 3.43
020220xx97xxx0 緑内障 片眼 9.57
当院の眼科は、白内障の手術が最も多いのですが、白内障は診断群分類の対象外となりますので割愛させていただいております。またそれぞれ年間10件以下の症例となりますので個人が特定されることが懸念されますので指標は非公開とさせていただいております。
診断群分類での上位3位で、最も多かったのが眼瞼下垂で手術を行った症例で
次いで2位が麦粒腫や眼瞼内反などで手術が必要になった症例がございました。
3位は緑内障にて手術を行った症例が入院されていました。    
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8.97
080011xx99xxxx 急性膿皮症 11.97
080011xx970x0x 急性膿皮症 手術・処置等1なし 副傷病なし 17.84
当院の皮膚科は、診断群分類での上位3位で、最も多かったのが帯状疱疹の症例で
次いで2位が蜂窩識炎などで手術が必要になった症例がございました。
3位は蜂窩識炎などで手術を必要としなかった症例が入院されていました。
またそれぞれ年間10件以下の症例となりますので個人が特定されることが懸念されますので指標は非公開とさせていただいております。 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 36 13 6,7
大腸癌 34 11 6,7
乳癌 12 6,7
肺癌 6,7
肝癌 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
定義:
当院で入院治療を行った初発の胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの内、UICC TNM病期(Stage)分類にてⅠ~Ⅳの患者数を現わしています。

UICC TNM病期分類:
今回の分類では、T: 原発腫瘍の拡がり、N: 所属リンパ節転移の有無と拡がり、M: 遠隔転移の有無のすべてについて正確に判明したもののみを計上しております。
術中の所見等でStage分類についても不明となっています。

解説:
今回の分析では、TNM分類の内すべてについて正確に判明し Stage分類したものでは、それぞれ年間10件以下の症例となりました。個人が特定されることが懸念されますので指標は非公開とさせていただいております。
初発の5大癌、総患者数では胃癌51件、大腸癌48件、乳癌19件、肺癌10件、肝癌は10件以下となります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 37 8.11 52.78
重症度 1 54 12.28 75.61
重症度 2 49 16.02 81.65
重症度 3 20 32.85 84.70
重症度 4
重症度 5
不明
定義
市中肺炎:
病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことです。院内での発症は含みません。

重症度:
身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)により、年齢性別や血液中の酸素濃度、脱水症状の有無、意識障害の有無等で0~5または不明に分類しています。数字が大きいほど重症になっていきます。

解説:
重症度別の患者数では、重症度1が最も多く、2、0と続きます。当院では重症度0~2までの軽症~中等症の患者さんが80%を超えており、重症の患者さんは比較的少ないことがわかります。
重症度があがるほど、患者の平均年齢があがり、平均在院日数が長くなる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 6.46 71.92 0.00
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 79 19.39 72.42 24.05
その他 26 18.85 74.46 30.77
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
当院の脳梗塞の患者さんで約75%は発症3日以内に治療が開始されています。早期診断、早期治療開始、早期リハビリとともに、円滑な急性期から回復期への移行により、発症後のADL(日常生活動作)障害が軽減されますが、発症3日以内とその他では入院期間にあまり差は認められませんでした。当院は急性期病棟のみとなりますので、急性期を脱した患者さんは、その状態によりご自宅にて在宅療養か回復期病院等に転院することになりますが、発症3日以内に治療開始した方がご自宅に戻れる確率は高くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 69 2.20 3.22 0.00 69.12
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 22 0.00 12.82 0.00 68.50
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 18 3.78 5.78 0.00 71.28
狭心症、心筋梗塞の患者さんの経皮的冠動脈形成術が上位2位までを占めています。当院の内科では急性期の心血管疾患への対応が最も多くなります。
3位は内視鏡的乳頭切開術です。この手術は胆管結石による胆管狭窄などによる、「閉塞性黄疸」や「胆管炎」を治療するために、口から十二指腸まで内視鏡(胃カメラ)を入れ、電気メスにより大十二指腸乳頭の乳頭括約筋(乳頭を緩めたり、閉めたりする筋肉)を切開します。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度)
K300 鼓膜切開術
小児科では新生児仮死蘇生術が上位2までを占めました。当院でお産された新生児仮死を早急に処置しております。また、大学附属病院との連携も行っております。
3位は中耳炎による鼓膜切開術でした。
いずれの手術も年間10件以下の症例となりますので個人が特定されることが懸念されますので指標は非公開とさせていただいております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 33 1.30 3.27 0.00 69.21
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 28 3.71 6.00 0.00 65.61
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 0.43 2.43 4.35 61.48
外科では、1位と3位が鼠径ヘルニアに対する手術になっています。1位は開腹による手術、3位は腹腔鏡による手術です。
2位は、腹腔鏡下での胆のう摘出術です。腹腔鏡での手術では開腹手術と比べ術後早期に退院することできます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 40 2.10 17.17 40.00 59.28
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 27 6.11 25.96 25.93 67.19
K0811 人工骨頭挿入術(股) 25 3.28 29 24.00 82.84
整形外科では、上腕、大腿の骨折に対する手術が最も多く、次いで脊椎固定術という手術は、上下の椎骨をプレートやスクリュー、ロッド、スペーサーと呼ばれる固定用の器具を用いて固定し、脊椎を安定させる手術です。そのうち後方椎体固定は背部から椎骨に達して、椎弓や椎間関節を切除します。そこから椎間板や黄色靭帯の切除などを行い、脊柱管内の圧迫をゆるめます。その後、椎体間の高さを保つために、スペーサーを挿入し、自家骨移植や椎骨の固定を行ないます。
3位は人工骨頭挿入術です。大腿骨の骨頭付近での骨折は高齢者に多く、治りにくい骨折として有名ですが、その治療法のひとつが「人工骨頭挿入術」です。折れた骨がずれたり、離れてしまった場合や、受傷してから時間が経った場合には、骨をつなげることは難しくなります。そのため、大腿骨の骨頭を取り出し、人工骨頭という人工物(金属性)に入れ替える手術を行います。手術は全身麻酔で行います
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 21 1.45 12.98 9.52 78.10
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 10 0.40 52.30 70.00 66.80
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する手術が1位と3位に入っております。慢性硬膜下血腫の手術法としては、1.5cm程度の小さな穴を頭蓋骨にあけて、そこから血腫を洗いながす穿頭法による血腫洗浄除去術と大きく頭蓋骨を開いて血腫の被膜をも摘出する開頭法による血腫除去術の2つがありますが、当院では穿頭血腫除去術がより多く行われています。
2位はくも膜下出血に対する脳動脈瘤頸部クリッピング術となりました。この手術は開頭し破裂動脈瘤や未破裂動脈瘤に対しクリップで動脈瘤の根元の部分を閉塞し動脈瘤を完全に血流が通わない状態にすることができます。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 86 1.60 5.98 0.00 33.24
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 59 0.00 0.03 0.00 33.00
K867 子宮頸部(腟部)切除術 25 0.68 0.60 0.00 40.72
産婦人科では、選択的帝王切開が最も多い手術です。帝王切開は「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2つに分けることができます。「予定帝王切開」は、事前の検査などから経腟分娩に適さないと判断され、前もって計画して行う帝王切開のことです。2位は流産手術で稽留流産や不全流産により子宮内に残存した絨毛組織(絨毛成分、胎児成分)を掻きだし摘出する手術です。
3位は子宮頸部(腟部)切除術、所謂、円錐切除術です。 この手術の目的は病変部を含めて子宮頸部を円錐状に切除することにより、診断を確定することと同時に、どの程度の治療が必要であるのかを明らかにすることにあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 247 0.66 2.05 0.00 75.29
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)
眼科では、白内障の眼内レンズ挿入術が最も多く、2位、3位は眼瞼内反手術と眼瞼下垂手術となります。いずれの手術も年間10件以下の症例となりますので個人が特定されることが懸念されますので指標は非公開とさせていただいております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 32 0.82
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.31
異なる
「同一性」とは、入院の契機である疾患と入院中の主な治療目的の疾患が同一か否かという事です。
つまり、「同一」である場合は、当該疾患を治療目的として入院したということで、
「異なる」場合は、入院後に全身状態が悪化し、基礎疾患の治療に難渋したと言えます。
播種性血管内凝固症候群(DIC)は,さまざまな重症の基礎疾患により、全身の血管内で血栓ができる病態です。敗血症は血液が細菌に感染することにより全身に炎症を起こす病気です。肺炎や尿路感染症、腹膜炎、悪性腫瘍などが原因となります。
平成27年度当院ではDICで入院されたケースはありませんでした。
敗血症、真菌感染症についても、入院中に発症する例は無く、それぞれ入院時点から主たる治療目的として入院したケースでした。
更新履歴
To Top
▼ お知らせ
▼ 看護部
▼ 採用情報
交通案内
▼ サイトマップ
▼ 当院について
ごあいさつ
理念・基本方針
患者様の権利
施設概要
沿 革
フロアーご案内
広報誌
医療機能評価機構認定病院
個人情報保護について
一般事業主行動計画
医療安全管理室
院内感染対策
臨床指標の公開
▼ 外 来
外来診療時間
休診のお知らせ
週間担当医表
外来診療科目
初診・再診の方へ
検査について
健診・人間ドック
救急外来のご案内
患者相談支援センター
Q & A(何でも相談室)
▼ 入 院
入院手続き・持ち物
設備について
特別療養環境
日常品の料金・駐車料金
入院費のお支払い
入院中の生活
入院中の注意事項
安全のためのお願い
書類の申請
退院手続き
患者サポート窓口
▼ 光仁会グループ
ひかり訪問看護ステーション
(守谷)
ひかり居宅介護サービス
(守谷)
すこやかルーム
第一病院
ひかり訪問看護ステーション
(金町)
ひかり介護支援事業所
(金町)
西水元クリニック
▼ 医療関係者の方へ
採用情報
臨床研修医募集
地域医療連携室のご案内
薬剤部のご案内