当院について

ごあいさつ

理事長挨拶

 私の両親が、緑豊かな自然に包まれた恵まれた環境の中、3000坪にもおよぶ敷地に総合守谷第一病院を開設してから今日まで、限られた空間の都市部では実現することが困難であった、医療スタッフや最新設備の充実を実現するために、日夜努力をしてまいりました。その根底には、常に患者様の立場に立った医療活動を行いたいという強い想いがあったようです。私も両親のそのような想いを損なわないように地域医療を担う中核病院としての役割を実践してまいります。

 「予防」と「治療」という医療の両輪を同時に提供できる最適な医療環境の充実。そして、心の触れ合いを大切に、患者様の痛みを知り、お気持ちが少しでも明るくなるように、心を込めて接することができる経験豊富なスタッフ。この要素をしっかり機能させた医療施設として、今後も皆さまの “健康生活づくり” のお役に立ちたいと考えております。

社会医療法人社団光仁会 理事長
野村 明子

病院長挨拶

 平成から令和という新しい時代を迎えた本年 社会医療法人社団光仁会 総合守谷第一病院の病院長という職を拝命しました。その責任の重大さに身が引き締まる思いでおります。
 当院は平成の初めに守谷に開院して以来、職員一同、地域の中核病院として、皆様に安心していただける医療を提供することを目指して参りました。当院は、出産から小児、高齢者に到るまでに必要な医療を提供できる総合病院として各診療科を開設しており、救急医療においても突然の心・脳血管疾患にも対応できる体制を整えて参りました。平成の30年を通して、身近に相談できる地域の総合病院としての役割を果たせるようになってきたのではないかと思います。
 これからは、超高齢化社会や医学の進歩に伴う高額・高度医療の拡大など、新たな課題に取り組まなくてはならない時代を迎えます。医療には健康で健やかな人生を生き、穏やかに人生の締めくくりを迎えるお手伝いをすることが求められる時代となりました。
 検診を通して、予防や早期発見・早期治療をすることで、健康的な生活を守ることができます。また的確な情報、治療の選択肢を提示し、一緒に治療を進めることで納得した医療を受けていただくことが出来ると考えております。そして、地域の医療機関や福祉機関と連携することで、高齢化社会の医療を支えていきたいと思います。
 「患者様に安心していただくことが私達の使命です」という当院の理念をしっかり実現していくため、皆様のご意見、ご要望に耳を傾け、職員と共に真摯に取り組んでいきたいと思っております。

社会医療法人社団光仁会 理事
総合守谷第一病院 病院長
遠藤 優枝

To Top

理念・基本方針

私たちの理念

患者様に安心していただくことが私たちの使命です。

私たちの基本方針

  1. 患者様の権利を尊重します。
  2. 科学的根拠に基づいた高水準な医療の提供に努めます。
  3. 予防医学から在宅療養まで、一貫して患者様の「生活の質」の向上に努めます。
  4. 常に安全に配慮した医療環境の実現に努めます。
  5. 地域における保健、医療、福祉の連携を推進します。

To Top

患者様の権利

患者様の権利

  1. 患者様は十分な説明のもとに適切な治療を受ける権利があります。
  2. 患者様はプライバシーが守られ、個人の尊厳が保たれる権利があります。
  3. 患者様は法律が許す範囲で、自身の選択に基づいた治療を受ける権利があります。
  4. 患者様は法律が許す範囲で、治療を拒絶する権利があります。
  5. 患者様は継続して一貫した治療を受ける権利があります。
  6. 患者様は必要に応じて、診療録等の閲覧を請求する権利があります。
  7. 患者様は必要に応じて、他科の医師もしくは他施設の医師にセカンドオピニオンを求める権利があります。

To Top

施設概要

病院概況

所在地 〒302-0102 茨城県守谷市松前台1-17 交通のご案内
電話・FAX TEL:0297-45-5111(代表)
FAX:0297-45-5050
病院長 遠藤 優枝
診療科 内科/心療内科/神経内科/循環器内科/消化器内科/呼吸器内科/外科
整形外科/形成外科/心臓血管外科/脳神経外科/小児科/皮膚科/泌尿器科
眼科/耳鼻咽喉科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/産婦人科
休診日 日祝日・年末年始
病床数 199床
建物概要 鉄筋コンクリート造(地上7階)
延床面積:12,621.7平方メートル
駐車場 :296台

救急医療

救急告示病院
常総地域二次救急病院群輸番制
常総地域小児救急医療輸番制

診療指定事項

保険医療機関 原爆被爆者一般疾病医療機関
労災保険指定医療機関 一般特定疾患
結核予防法指定医療機関 小児特定疾患
生活保護法指定医療機関 養育医療

病院施設基準届出

急性期一般入院料1/妊産婦緊急搬送入院加算/診療録管理体制加算2/ハイリスク妊娠管理加算/小児科外来診療料/薬剤管理指導料/医療機器安全管理料Ⅰ/検体検査管理加算(Ⅰ)/検体検査管理加算(Ⅱ)/コンタクトレンズ検査料Ⅰ/CT撮影及びMRI撮影/外来化学療法加算2/無菌製剤処理料/脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)/運動器リハビリテーション料(Ⅰ)/医科点数表第2章第10部手術の通則 5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む)に掲げる手術/ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術/大動脈バルーンパンピング法/麻酔管理料(Ⅰ)/入院時食事療養(Ⅰ)/臨床研修病院入院診療加算/救急医療管理加算/急性期看護補助体制加算/肝炎インターフェロン治療計画料/神経学的検査/HPV核酸同定検査/医師事務作業補助体制加算/データー提出加算2/輸血管理料Ⅱ/感染防止対策加算2/乳がんセンチネルリンパ節加算2/患者サポート体制充実加算/経皮的冠動脈形成術/経皮的冠動脈ステント留置術/胃瘻増設術(経皮的内視鏡下胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む。)医科点数表第2章第10部手術の通則16に掲げる手術/夜間休日救急搬送医学管理料/造血器腫瘍遺伝子検査/療養環境加算/がん患者リハビリテーション料/脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術/医療安全対策加算2/総合評価加算/保険医療機関間の連携による病理診断/地域連携診療計画加算/入退院支援加算1/在宅時医学総合管理料及び施設入居医学総合管理料/在宅療養支援病院/病棟薬剤業務実施加算1/超急性期脳卒中加算/後発医薬品使用加算3/夜間看護体制加算/機能強化加算/救急搬送看護体制加算/医療安全対策地域連携加算2/入院時支援加算/ヘッドアップティルト試験/地域包括ケア病棟入院料2

(平成30年9月1日)

To Top

沿革

当院のあゆみ

1990年 4月 総合守谷第一病院開設
1996年 11月 ひかり訪問看護ステーション開設
1999年 9月 ひかり居宅介護支援事業所開設
2001年 3月 当院で生まれた赤ちゃんが5,000人に達す
4月 城賀本満登 病院長就任
2003年 6月 地域医療連携室を開設
10月 常総地域小児救急輪番制開始
2004年 4月 保健指導室開設
5月 病理検査室開設
7月 2代目理事長に野村明子が就任
2005年 2月 診療情報管理室開設
2006年 10月 ISO9001:2000認証取得
2009年 7月 DPC対象病院
2010年 6月 守谷市委託病後児保育施設「すこやかルーム」開設
2011年 8月 医療秘書室新設
2012年 3月 病院機能評価(Ver.6)認定取得
2014年 4月 社会医療法人認定取得
6月 新棟竣工
8月 内視鏡室1・2 稼働開始
11月 GE社製MRI(3テスラ)稼働開始
2015年 4月 第2アンギオ室稼働開始
5月 本館改修工事竣工
10月 第1回病院祭開催
11月 全個室に電動ベッド導入
2017年 11月 電子カルテ導入
2019年 2月 守谷市委託病児・病後児保育事業開始(すこやかルーム)
7月 城賀本 満登 名誉院長 就任
遠藤 優枝 病院長 就任
8月 佐々木純一 名誉院長就任
To Top
▼ お知らせ
▼ 看護部
▼ 採用情報
交通案内
▼ サイトマップ
▼ 当院について
ごあいさつ
理念・基本方針
品質方針
患者様の権利
施設概要
沿 革
フロアーご案内
広報誌
医療機能評価機構認定病院
個人情報保護について
一般事業主行動計画
医療安全管理室
院内感染対策
臨床指標の公開
訪問診療
宗教的理由等による輸血拒否に関する当院の方針
▼ 外 来
外来診療時間
休診のお知らせ
週間担当医表
外来診療科目
初診・再診の方へ
検査について
健診・人間ドック
救急外来のご案内
患者相談支援センター
Q & A(何でも相談室)
▼ 入 院
入院手続き・持ち物
設備について
特別療養環境
日常品の料金・駐車料金
入院費のお支払い
入院中の生活
入院中の注意事項
安全のためのお願い
書類の申請
退院手続き
患者サポート窓口
▼ 光仁会グループ
ひかり訪問看護ステーション
(守谷)
ひかり居宅介護サービス
(守谷)
すこやかルーム
第一病院
ひかり訪問看護ステーション
(金町)
ひかり介護支援事業所
(金町)
西水元クリニック
▼ 医療関係者の方へ
採用情報
臨床研修医募集
地域医療連携室のご案内
薬剤部のご案内